筑豊で腰痛に悩んでいる方へ

なぜ、病院で牽引したり、整体で腰をマッサージしても解消されないのか?

腰痛で悩まれている方は多く、整形外科への通院理由で最も多いのが「腰痛」です。
腰痛で悩まれている方は、2800万人いると言われていて、国民の4人に1人が腰痛で、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状です。

こんな腰痛で悩まれてはいませんか?

☑︎寝返りが痛くて夜が寝れない
☑︎炊事場で立ってると痛む
☑︎痛み止め、注射が効かない
☑︎病院やマッサージに行っても変化がない
当院では、上記のような症状、状態で悩まれている腰痛の方を改善させています!!

腰痛の原因

腰痛というのは「腰に痛み」がある状態ですが、原因はひとそれぞれ違います。

腰痛の原因はさまざまですが、腰痛のうち原因が特定できるものはわずか15%程度と言われています。
代表的なものとして、腰痛圧迫骨折や椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などありますが、その他、細菌感染やがんや臓器などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。

一方、残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないと言われています。
このような腰痛では、腰以外の体の歪みや筋肉の緊張、生活習慣、ストレスや不安など心の状態が影響しています。

原因が特定できる腰痛

①、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、背骨の骨折など

②、骨への細菌感染やがんの骨転移、胃潰瘍、尿路結石など
当院では、3回以上施術をし変化がない場合は、1度検査をすすめておりますのでご安心下さい。

原因が特定できない腰痛

①、身体的影響 ー 腰以外の骨格の歪み、上肢や下肢の筋肉の緊張、長時間同じ姿勢でいる仕事、運動不足など

②、心理・社会的影響 ー ストレスの多い職場、家庭内不和、不安、不眠など
当院では、特定できない腰痛に対しての治療を得意としています。

上記に記載していますが、腰痛の場合、ほとんどが腰自体に原因はありません。ですから、腰を牽引したり湿布を貼ったりマッサージしても、なかなか改善できないのです。

どうした時に痛いのか?
いつ痛いのか?
腰のどの部分(背中、腰、臀部)が痛いのか?
どういう日常生活(仕事や家事)を送っているのか?

これらをしっかりとカウンセリングをしたうえで施術内容が決まっていきますので同じ腰痛でも一人一人施術方法も違います。

【当院が考える原因】

☑︎腰に負担がかかりやすい状態
☑︎腰に負担がかかる動きをしている
☑︎内臓疲労に問題がある
☑︎自律神経の不調

①腰に負担がかかりやすい状態

身体に歪みやズレ、捻れがあることでアンバランスになっていて、腰に負担がかかりやすい状態が原因で腰痛になるケースです。
腰だけではなく歪みなどをそのままにし、生活をしていくと偏った体の使い方になるので一部の筋肉や関節に負担がかかり痛みにつながります。
身体を正しい位置に戻してあげましょう!

昔から「胸を張って、背筋を伸ばして姿勢を良くしなさい」と指導されてきたと思いますが、これは間違いです。
この姿勢を取り続けると「反り腰」になり、腰痛につながります。
この姿勢を取り続けることは、やめましょう!

他にも、足首を捻挫して痛い足をかばって歩くことで、腰に負担がかかり腰痛になることもあります。これは、足首だけに限らず、膝を痛めても同じことが言えます。
また、上肢、下肢、胸の筋肉の緊張からも腰痛につながります。

例えば、ずっと座って手や腕を使うパソコン業務をする人は、長時間同じ姿勢をしていることによる反り腰や手を使うことによる上肢の筋肉の緊張から、肩が張り、背中が張り、腰の動きを妨げ痛みにつながります。

長時間、立ち仕事をしている人は、上半身を下半身が支えているので下肢に筋肉の緊張が起こると、上半身を支えることができなくなり、腰痛を引き起こします。

ですので、腰だけ診るのではなく、上肢や下肢を診ることも大事なのです。
当院では、体全体の歪みやバランスを診て、どの部位の施術をしてあげれば腰痛が楽になるかを判断し行います

②腰に負担がかかる動きをしている

下の荷物を取る時に、体を前に倒して(中腰の状態)持つ姿勢は、ものすごく腰に負担がかかります。
このような取り方を続けていると腰を痛めてしまいますので、膝と股関節を曲げ「しゃがんだ」状態で荷物を取りましょう。

また、朝起床する時、どのように起きますか?
勢いよく真っ直ぐ起きることは、動きの悪い朝の腰にとってものすごく負担がかかりますので、1度横向きになって、手を使い起きるようにしましょう。

この一つ一つの気遣いが腰痛予防になります。

③内臓疲労に問題がある

腰痛を引き起こす原因は「内臓疲労」も関係しています。
内臓に日頃の疲れやストレスが溜まり、内臓一杯になることで腰痛や肩こりなど症状が出てきます。

当院の整体は、筋肉や関節だけではなく内臓疲労も楽にしていくことで腰痛が早期に良くなっていくのです。
どんなにマッサージしてもストレッチしても楽にならなかった腰痛が、意外とあっさり楽になるケースは少なくありません。

ただ、患者様も、食べ過ぎ、飲み過ぎで内臓に負担をかけると腰痛につながりますので気を付けて下さい。
また、施術をしても変化がない場合は、内臓の病気があるのではないかと考え、必ず1度病院に行って下さい。

④自律神経の不調

自律神経の働きが乱れていて、身体がリラックスできない状態で、夜が寝れない、動悸がする、腹部膨満感があるなど、こういった症状がある人も腰痛になりやすいです。
ストレスが原因と言われるタイプはこのケースが当てはまります。
当院では、頭蓋骨やお腹を調整することによって、緊張状態(交感神経優位)からリラックス状態(副交感神経優位)に働きかけ、腰痛含め調節致します。

【当院が行う腰痛の整体】

☑︎元ある正しい状態に戻すこと
☑︎身体を正しく使えるようにすること

整体によって身体のアンバランスになっている状態を改善し「動きやすい状態、元の状態に戻していくこと」
正しい状態に戻すことで、身体は動きやすくなりますので、腰にかかる負担が減ります。
さらに、正しい状態というのは、血液や氣の流れが良くなり治そうとする力「自然治癒力」が高まりますので、早期回復にもつながります。

当院は、色々なケースによる腰痛に対して、色々な施術で対応していきますので、安心して施術を受けに来て下さい!

The following two tabs change content below.
赤松鉄平

赤松鉄平

初めまして、スポーツ障害外傷専門整体院・体質改善Notice院長の赤松鉄平です。 患者さんの『痛くない!楽になった!治った!』と笑顔で喜ばれていることが私の生きがいです。 『患者さんが一秒でも早く楽になってもらいたい』その想いで一回一回の施術に全力で行うことを約束します!